高齢初産と高齢出産について

晩婚化が進んだ結果として、
取り沙汰されるのが妊娠時期の高年齢化、いわゆる、高齢出産。
c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s-500
医療・医学の進歩によって、現在では高齢初産・高齢出産のリスクは軽減されています。

イラスト高齢初産・高齢出産とは?
高齢初産 35歳以上で初めての出産を経験する
高齢出産 40歳以上で子どもを出産すること

高齢初産・高齢出産のリスクは、医療・医学の進歩によって減っています。

ただし、20代で初産を迎える女性と比較してしまうと、
個人差はありますが、諸々のリスクがあることは当然と言えます。

羊水が腐る-なんて馬鹿なことを言ったアーティストが昔いましたが、
そういったことはまったくありません。

ですが、この25年間で神経管閉鎖障害である二分脊椎症発症が2倍になっていること。

そして、戦後すぐの昭和25年からの統計を分析すると、
なんと、戦後すぐの食糧難の時代より、飽食と呼ばれている現代の方が、
出生時の平均体重も下がっているという事実
が分かっています。
(環境省2013年 保健に関する統計を元に算出)

高齢初産、高齢出産との因果関係、見解は様々。

しかし、データでは明らかです。

実は栄養が足りていない!?

そんな馬鹿な・・・と感じる方も居ると思います。

でも、もしかすると、現代人は栄養が偏っているという意味で、
ある特定の栄養素に関しては、栄養失調状態
なのかも知れませんね。

お母さんとして最初に子どもにしてあげられること。
それは、あなた自身の体を健康に保つことではないでしょうか?

 妊婦さんに必要な葉酸400μgが摂取できるサプリメント【美的ヌーボプレミアム】